特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

オリンピック3回同行の医師・中嶋耕平さん 陰で支えるその仕事とは?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3大会連続でオリンピック選手団医師を務めた中嶋耕平さん=東京都北区で2020年3月6日、宮武祐希撮影
3大会連続でオリンピック選手団医師を務めた中嶋耕平さん=東京都北区で2020年3月6日、宮武祐希撮影

 2008年の北京オリンピックから3大会連続で、日本選手団本部の医師として現地に同行した中嶋耕平さん(53)。慣れない環境の下で最高のパフォーマンスを求められる選手を支える縁の下の力持ちだ。仕事の内容や東京大会への期待を聞いた。【聞き手・柳沢亮】

 ――16年のリオデジャネイロ大会では日本選手団本部役員(医務担当)も務められました。どのようなお仕事をなさったのですか。

 ◆まず、選手は大会前に体の状態を調べるため、国立スポーツ科学センター(JISS、東京都北区)のクリニックでメディカルチェックをします。大会中は選手の健康状態を把握し、けがや病気に対応します。オリンピックは日本代表選手団本部の医師が4~5人、トレーナーが2~3人です。また、感染症対策も私たちの役割です。北京大会はPM2・5(微小粒子状物質)などの大気汚染、リオでは(ブラジルで蚊が媒介する)ジカウイ…

この記事は有料記事です。

残り2610文字(全文2994文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集