メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

バドミントン選手/桃田賢斗 世界王者を襲った突然の事故 復活への道のりを追う

「情熱大陸」に登場する桃田賢斗=(C)NipponBA2020 PHOTO:T.KITAGAWA

[PR]

 バドミントン、男子シングルス世界王者・桃田賢斗がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、3月29日午後11時~)に登場する。

 桃田は2019年には、世界選手権連覇、史上最多ツアー11勝など快進撃は止まらなかった。バドミントン界における最大の名誉である年間最優秀選手賞を獲得し、東京五輪の金メダル候補の大本命と評されていた。しかし、今年1月、絶対王者を襲った突然の事故。右目眼窩底骨折が発覚し、緊急手術。表舞台から姿を消した。

 実家で過した絶対安静の日々。その時、桃田はどう過ごし、何を思ったのか。「たまに寝る前に、このまま治らなかったらどうしようとか思いますけど、でも…」カメラが捉えた、復帰までの苦悩の日々とは。

 そして、オンエアーの10日前、番組だけに明かしてくれた心の内。

「落ちるところまで落ちたので、あとは前に進んでいくだけ」

 その言葉の裏には、彼を励まし続ける人々の存在があった。

 桃田の心に刺さったもの、それは「手紙」だったという。

「ぐっときました。1人で部屋で読みながら泣いていました」

 番組が密着を始めたのは事故に遭う少し前。カメラを向けると恥ずかしそうにはにかむ姿が印象的だった。世界王者とはいえ、まだ25歳。甘い物が好きで、漫画が好きで、バドミントンが大好き。野菜が嫌いで、痛いのが嫌いで、負けるのが大っ嫌い。バドミントンプレーヤーとして、1人の人間として…等身大の桃田賢斗の素顔に迫る。

<プロフィル>桃田賢斗(ももた・けんと) 1994年生まれ。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。小学校1生の時、姉が所属していた三豊ジュニアのコーチに誘われバドミントンを始める。6年生の時に全国小学生選手権シングルスで優勝。中学校3年生の時、全国中学校バドミントン大会で優勝。高校3年生の時、インターハイ男子シングルスで初優勝。その後、日本勢としては初の世界ジュニア選手権優勝。2013年高校卒業後、NTT東日本に入社し、2015年日本人で初めてスーパーシリーズファイナルズのシングルスで優勝。2016年、自己最高位となる世界ランク2位に。同日、東京都内の違法カジノ店にて賭博をしていたことが判明し無期限の競技会出場停止処分に。リオオリンピック出場を逃す。2017年5月、違法賭博による無期限出場停止処分が解け、復帰。2018年8月、シングルスで日本男子初の世界選手権初優勝。同9月、世界ランク1位に。2019年全英オープン優勝、世界選手権連覇を含むツアー史上最多11勝を達成。2020年1月、マレーシアで交通事故に遭う。2月に手術を行い、26日から練習に復帰。事故以降大会出場はないが、現在も世界ランクは1位。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです