メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

レアル、新型コロナ対策にスタジアムを提供…寄付物資の管理拠点を設立

情報提供:サッカーキング

レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウ [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードは26日、新型コロナウイルス対策のために本拠地のサンティアゴ・ベルナベウを提供することをクラブ公式サイトで発表した。

 レアル・マドリードはスペインのスポーツ高等評議会と協力して、新型コロナウイルス対策のために寄付された物資を一時的に管理する拠点をサンティアゴ・ベルナベウに設立するという。主にスポーツ関係の団体や企業から寄付された物資を管理し、すべての物資はスペインの保健機関へと届けられて必要とする場所へ適切に分配される。

 スペインでは26日時点で5万人以上の新型コロナウイルス感染者が出ており、世界で2番目に多い4000人以上が亡くなっている。欧州メディア『ユーロ・ニュース』によると、スペインでは感染者や死者が急増しており、ホテルが臨時の病院として、スケート場が遺体安置所として使われるなどの事態に至っているという。

 スペインサッカー連盟(RFEF)とリーガ・エスパニョーラは23日、国内のすべてのリーグを無期限の延期にすると発表。レアル・マドリードでは12日にバスケットボールチームの選手に感染者が出たため、施設を共有しているサッカーチームの選手も自宅隔離の措置をとっている。

【関連記事】
ドイツCL参加4クラブが結束示す…財政難のクラブ支援に計24億円を提供
香川真司、30日まで自宅待機も「意外とストレスではない」…好きな選手や芸人も明かす
ヨヴィッチ、法律違反で逮捕の可能性も「自分が招いた結果を受け入れる」
ベイル、豪華選手参加の『FIFA 20』チャリティ大会開催へ…新型コロナ被害支援で
○○歳でトップの評価を受けるのは? 最も市場価値の高い選手を年齢別に紹介 前編(16~23歳)

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです