連載

eye

社会や政治、スポーツなど国内外の動きを、写真のレンズを通して見つめます。

連載一覧

eye

八ッ場ダム、今春稼働 胸の内、水に沈め再出発

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「完成を待ちわびていたわけじゃない。これからこの街がどうなっていくのか……」

 群馬県長野原町に国が建設中の八ッ場(やんば)ダムが完成し、31日から運用を開始する。ダム水没地から代替地に移ってレストランを経営する水出(みずいで)耕一さん(65)は複雑な思いを語る。完成までに費やされた68年間で、地元住民は度々翻弄(ほんろう)されてきた。

 水没した旧川原湯地区に10歳から住み、温泉街で約30年、飲食店を営んだ。店は観光客のほか、夜には地元客でにぎわった。かつては飲食店が20店舗ほどあったが、代替地ではわずか3店舗。地区住民も最盛期の約200世帯から現在は約4分の1にまで減った。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文913文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集