メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

NHKスペシャル「ホットスポット 最後の楽園」 まるで人間「笑うサル」たち

番組の一場面。インドネシア・スラウェシ島のクロザルは、人間のように表情を変えて仲間とコミュニケーションを図る

 生き物の世界は、弱肉強食と考えがちだ。ところが、東南アジアと豪州の間にある多島海のウォーレシア地域には、天敵の少ない環境で独特の進化を遂げた幸運な動物たちがいる。世界各地の貴重な自然環境や、絶滅が危惧される生物を紹介するNHKスペシャル「ホットスポット 最後の楽園」(第3シリーズ)の第3回では、そんな常識外れの動物たちを紹介する。

 インドネシアのスラウェシ島のクロザルは「笑うサル」として知られる。島にはオランウータンなど、餌を奪い合うライバルがいない。そのため、クロザル同士で争わない限り、種は安泰。そこで彼らは人間のように表情や仕草で円滑にコミュニケーションを図れるよう進化したという。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 特集ワイド 次なる脅威は「病院閉鎖」 コロナで一般患者減、経営悪化 日本医師会・横倉義武会長

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです