メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「有効に」選手へエール 聖火ランナー・菅藤弘さん 「幻の五輪代表」自身の経験重ね /山形

モスクワ・オリンピックで着用する予定だったシューズを手にする菅藤弘さん=山形県尾花沢市で

 東京オリンピック・パラリンピックの開催延期に伴い、6月7、8の両日、県内を走る予定だった聖火リレーも先送りされた。聖火ランナーに決まっていた菅藤弘さん(63)=尾花沢市上町1=は、東西冷戦下の1980年に開かれたモスクワ・オリンピックにボクシングの選手として出場するはずだったが、日本のボイコットにより、“幻のオリンピック代表”に終わった経験を持つ。菅藤さんにとって、再びのハプニングに見舞われた形だが、「当時に比べると、それほど残念な気持ちではない。僕よりも選手たちの方が調整などで大変だと思う」と選手を気遣った。

 菅藤さんは日大山形と中央大でボクシング選手として活躍。代表選考戦に勝利し、モスクワ行きの切符を勝ち取った。オリンピック前哨戦として、80年6月にギリシャで行われた国際大会では銀メダルを獲得。好調な状態で本番に臨めるはずだったが、帰国便の中で日本が出場をボイコットしたと知らされた。 「ショックよりもホッとしたのが本音。つらい練習や合宿から解放された」と当時の率直な気持ちを吐露するが、「オリンピック…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです