新型コロナ 図書館「本の福袋」人気 立ち入り制限で 江戸川、八王子 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
職員お薦めの「本の福袋」が並ぶ=江戸川区中央3の区立中央図書館で
職員お薦めの「本の福袋」が並ぶ=江戸川区中央3の区立中央図書館で

 こんな時こそ読書を楽しもう――。新型コロナウイルスの感染拡大で立ち入りを制限された江戸川区立中央図書館(中央3)や八王子市で、職員がお薦めの本をセレクトした“本の福袋”が人気を集めている。【川村咲平、野倉恵】

 江戸川区の福袋は、「赤ちゃん用」「小学校低学年」など借り手の年代別に、本をそれぞれ2、3冊ほど詰めた。カウンター付近に常時40~50セットが並ぶ。袋に「さまざまな職業に出会える」「日常を描いた」「サクッと読める」といった紹介の紙が張られ、来館者の目を引いている。

 図書館は今月2日以降、書架への立ち入りを禁止し、窓口やホームページで予約した本の貸し出しと返却だけを受け付けている。学校の臨時休校もあり、「どんな本がよいのか」との問い合わせが相次いだため、例年1月に他の図書館で実施している企画をヒントにスタートした。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文712文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集