メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ延期 県内「仕切り直し」ムード ホストタウン自治体、交流継続を希望 /愛媛

聖火リレー周知のため作られたリーフレットやポスター。不要になった=松山市内で、木島諒子撮影

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で東京オリンピック・パラリンピックと聖火リレーの延期が決定したことに伴い、県内でも「仕切り直し」ムードが漂っている。県庁に掲げられた聖火リレーののぼりは撤去されたが、ホストタウンとして準備を進めてきた県や市町には、相手国との交流継続を期待した動きも見られる。【木島諒子、中川祐一、松倉展人】

 県オリパラ・マスターズ推進室によると、約1カ月後に迫っていた県内聖火リレーが延期となったことで、ルート一覧などを載せたリーフレットや日程入りポスターが不要となった。ポスターは各2000部、リーフレットは5万部を用意し各市町に送ったが、配布しないよう呼び掛けているという。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです