メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「ライナスの毛布」といえば…

[PR]

 「ライナスの毛布」といえば、子育て経験のある方はお分かりか。ライナスはスヌーピーの漫画「ピーナッツ」に出てくる男の子で、いつも青い毛布を持っている。そう、幼児が手放さない「安心の毛布」である▲心理学者の話によれば、幼児が一人で行動できるようになると親と離れる不安をなくすため、親代わりである毛布やぬいぐるみを持ち歩くのだという。親と一緒にいるような安心感のよりどころだから、無理に取り上げてはいけない▲安心を与えてくれるモノへの執着は幼児だけではない。新型コロナウイルスの恐怖が心にわだかまる中、いつも通りの平穏な暮らしを支えてくれる日用品や食料を買いだめしたくなる衝動も、一種の「安心の毛布」心理かもしれない▲東京都の小池百合子(こいけ・ゆりこ)知事が週末の外出自粛などを都民に呼びかけた直後から、首都圏のスーパーで起こった買いだめ騒ぎだった。冷凍食品、米、パンなどの食料品や日用必需品を求める人々が列をなし、一部商品の品薄をもたらした▲スーパーの協会では生産も物流も動いていると声明を出し、通常の購買行動を求めた。過剰な買いだめは商品流通を混乱させ、結局は安心どころか社会の不安をどんどんふくらませていく。やがては自らもそれに巻き込まれるだけだ▲感染が急拡大する欧米のパニックを繰り返し見せられ、かつてない不安や恐怖に突き動かされそうなここ数日である。ここは正確な情報と冷静な思慮という大人の「安心の毛布」を手放さぬよう心したい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです