メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

新年度予算成立 現金給付、対象綱引き 「一律」財務省が抵抗

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、立ち入り禁止のテープが張られる上野公園の桜通り=東京都台東区で27日、宮武祐希撮影

 予算成立を受け、政府は新型コロナウイルスの感染拡大に対応する緊急経済対策の取りまとめに入る。リーマン・ショック後の事業規模56・8兆円を上回り過去最大規模となる見通しで、4月上旬にも決定する。政権内では、目玉の「現金給付」の対象範囲を巡り、全国民への一律給付を求める声が強い一方、対象者を絞るべきだと巻き返す動きもあり、綱引きが続く。

 「幹部はみんな一律だ」。自民党の岸田文雄政調会長と政調幹部らは27日、党本部6階の政調会長室に集まった。関係者によると、全国民に一律同額を支給すべきだとの意見が大勢を占めた。岸田氏は17日に安倍晋三首相と首相官邸で会談した後、記者団に「首相の意向をうかがい、大筋の方向性では一致した」と説明。この時点では、国民の手元に届くスピードを重視し、一律給付で官邸も党も「一致」していた。

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです