メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実

温室ガス目標据え置き 引き上げに含みも 13年比26%減 政府素案

 国連への提出が求められている、2030年までの国内の温室効果ガス排出削減目標の政府素案の内容が判明した。削減目標は現行の13年比26%減に据え置くが、「野心的な削減努力を反映した意欲的な数値」を目指す趣旨の文言を明記し、今後の数値引き上げに含みを持たせる。排出実質ゼロの目標時期も、現状の「今世紀後半」から「50年にできるだけ近い時期」に前倒しする方針。

 政府関係者への取材で明らかになった。30日にも開く政府の地球温暖化対策推進本部で正式決定する。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです