メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

伝統生かし独自の価値創造 仏シャンパーニュ産ウイスキー・ビール

たるから取り出したばかりのウイスキーをグラスについでくれるアレクサンドル・ムタールさん=オーブ県ビュクセイユ村で2020年1月24日、久野華代撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 高級発泡ワインで知られるフランス北東部シャンパーニュ地方で、ワインやシャンパンを造る傍ら、麦が主原料のウイスキーやビール造りに挑戦する人たちがいる。背景にあるのは消費者の生活環境や好みの変化。ワイナリーの薄暗い地下室に降りると「時代の先駆者」を目指す人の造ったウイスキーが、春の出荷を待っていた。

 オーブ県ビュクセイユ村で17世紀から続くワイナリー「フランソワ・ディリジョン」。若き当主のアレクサンドル・ムタールさん(29)が、ひも付きの試験管のような細いグラスをたるの中に落とし、初出荷を控えたウイスキーをグラスについでくれた。3年間、たるの中でじっくり香りを染み込ませ、深い琥珀(こはく)色をまとわせている。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです