メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リセット・東京2020

マラソン開催地 閑散、札幌どんより コロナ倒産、延期追い打ち

 東京オリンピック・パラリンピックでマラソン・競歩の開催地となる札幌市。新型コロナウイルスの影響で経済が冷え込む中、期待していた五輪特需が先に延び、経済的な打撃は長期化を避けられない見通しだ。市内では飲食店の運営会社が「コロナ倒産」するケースも相次いでおり、暗い春を迎えつつある。【金子淳】

 大会の「延期決定」から一夜明けた25日、北海道最大の歓楽街ススキノ。午後7時すぎに歩いてみると、すれ違うのは若者ばかり。歓送迎会シーズンだが団体客の姿は全くない。「お金を使ってくれる出張者や観光客がいないでしょ。人出はいつもの2割ぐらいだ。店を閉めたところもあるよ」。飲食関係で働く男性(51)は暇そうにつぶやいた。

 北海道の新型コロナの感染者は168人(26日時点)で、約45%は札幌に集中。19日に緊急事態宣言が解除されたが、にぎわいは戻っていない。

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです