メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リセット・東京2020

東京と札幌、マラソン綱引き 市長、冷静に成功目指す 都知事、夏以外なら戻して

 東京都の小池百合子知事は27日、東京オリンピックが暑い時期に開かれなければ、札幌移転が決まったマラソンを東京で開催したい意向を示した。都庁で報道陣の取材に対し「都民は望んでいる」と述べて、国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会などとの協議で主張する考えを示した。27日午前、民放の番組でも「やっぱり東京がいい。暑さが理由で変わったわけだから」と話した。

 小池知事の発言について、札幌市の秋元克広市長は27日に組織委の森喜朗会長から開催自治体に「引き続きご協力お願いしたい」と文書で通知があったことを明らかにし、「既に決まっている枠組みの中でということなので、成功に向けてしっかり取り組んでいきたい」と冷静に語った。

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです