メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで失業、タイから帰国のため国境に殺到 国をまたいだ感染拡大懸念

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、帰国のために国境に到着したミャンマー人の男性(右から2人目)ら=タイ北西部メソトで2020年3月25日午後、毎日新聞助手撮影

 新型コロナウイルスの感染者急増で26日から全土に非常事態宣言が発動されたタイで、近隣国からの出稼ぎ労働者が帰国のため国境付近に殺到した。勤務先が休業し職を失うなどしたためだが、大勢の人が一気に戻ることで、国をまたいだ感染拡大も懸念されている。

 タイ労働省によると、タイではミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム出身の300万人以上が、建設現場や飲食店などで合法的に働く。また、不法労働者も多数いる。

 タイでは3月中旬から感染者が急増。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、28日昼現在で東南アジアで2番目に多い1136人にのぼる。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです