メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対馬のシベリアイタチ、絶滅危惧種に 新たに40種 トキウモウダニは絶滅

シベリアイタチ(川口誠氏提供)

 環境省は、絶滅が危ぶまれる野生生物をまとめたレッドリストを改訂し、国内で長崎県・対馬にのみ生息するシベリアイタチなど新たに40種を絶滅危惧種に加えた。生息環境の悪化が影響しているほか、沖縄県・八重山諸島の水田や池にすむタイワンタイコウチは、地球温暖化に伴う干ばつが要因で減少しているとして、3ランクある絶滅危惧種の中で最も危険度が高い種とした。

 トキだけに寄生するトキウモウダニは絶滅と評価された。過去にいったんトキと共に野生絶滅となり、トキの復活を受けて再調査されたが、飼育下の個体やケージから見つからなかった。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです