メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リセット東京2020

「延期じゃだめだ、中止しろ」東京五輪反対運動に熱 期待の声も根強く

店先で通りを見つめる小幡さん(中)=東京都台東区浅草で、斎藤文太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京オリンピック延期を受け、売り上げが激減した商店主からは五輪を切望する声が上がる。一方、費用などの明快な説明がないまま延期したことを疑問視する意見もある。聖火リレーが始まるはずだった26日に東京都内の繁華街を歩くと、それぞれの思いが交錯していた。

 例年なら花見客でごった返す浅草の商店街。この日は都が要請した「週末の外出自粛」の前だったが、新型コロナの影響で外国人観光客や高齢者は、ほぼ姿を消していた。人通りはあるが、すれ違うのは若者ばかりだ。貸衣装の和服でスマートフォンを手に歩いている人もいる。

 「ひどいなんてもんじゃない。このままじゃ、店を閉めざるを得ない」。浅草寺近くで創業43年の骨董(こっとう)店を営む小幡信博さん(74)が憤った。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです