メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

ひつぎは中国製のものが多く、2月以降は調達が難しくなっている=横浜市港北区の和光葬儀社で2020年3月、木許はるみ撮影

 新型コロナウイルス感染症の影響が、葬儀にも及んでいる。葬儀の会食を見合わせたり、告別式を断念して火葬する「直葬」に変更したりするケースが相次いでいる。中国製が多い棺の確保も課題になり、葬儀会社が対応に追われている。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

参列者は激減 供花は増加

 「葬儀は最小限。親戚すら呼ばなくなりました。会食はほぼキャンセルです」。横浜市港北区の葬儀会社「和光葬儀社」の渡辺智史社長は、社内のホワイトボードに書いてある予定表を見て話す。「葬儀の予約の時点で参列者30人としていても、1~2日すると、参列者が5人に減り、料理はキャンセルするという電話をもらう」(渡辺さん)

 同社では毎月約40件ほどの葬儀を行うが、2月上旬以降、大規模な葬儀はほとんどなくなった。もともと小規模の家族葬が全体の2~3割を占めているが、通常20~30人の参列者が最近では5人前後という。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1590文字)

木許はるみ

1985年生まれ、愛知県出身。中日新聞、Business Insider Japan、じゃかるた新聞を経て2020年入社。外国人住民、公害、地方議会の取材をしてきた。アートや科学が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです