メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

ひつぎは中国製のものが多く、2月以降は調達が難しくなっている=横浜市港北区の和光葬儀社で2020年3月、木許はるみ撮影

 新型コロナウイルス感染症の影響が、葬儀にも及んでいる。葬儀の会食を見合わせたり、告別式を断念して火葬する「直葬」に変更したりするケースが相次いでいる。中国製が多い棺の確保も課題になり、葬儀会社が対応に追われている。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 「葬儀は最小限。親戚すら呼ばなくなりました。会食はほぼキャンセルです」。横浜市港北区の葬儀会社「和光葬儀社」の渡辺智史社長は、社内のホワイトボードに書いてある予定表を見て話す。「葬儀の予約の時点で参列者30人としていても、1~2日すると、参列者が5人に減り、料理はキャンセルするという電話をもらう」(渡辺さん)

 同社では毎月約40件ほどの葬儀を行うが、2月上旬以降、大規模な葬儀はほとんどなくなった。もともと小規模の家族葬が全体の2~3割を占めているが、通常20~30人の参列者が最近では5人前後という。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです