メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リセット・東京2020

「学校観戦」も仕切り直し 20年度高3は対象外に 東京オリンピック延期に伴い

小学生との交流集会で競技用自転車に乗るコロンビアのパラリンピック選手、カロリーナ・ムエネバールさん(左)=前橋市元総社町1の前橋市立元総社小学校で2019年9月5日午前10時7分、菊池陽南子撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まったことで、全国の小中高校などが準備を進めてきた学校単位での競技観戦も見直しが迫られる可能性がある。大会組織委員会は学校に割り当てるチケットの対象を高校生以下に限定しているため、新年度に高校3年生に進級する生徒たちは、延期のあおりで観戦の対象から外れることになる。【大久保昂】

 大会組織委員会は子供たちに観戦機会を提供しようと、低価格の「学校連携観戦チケット」を用意している。開催都市である東京都は、幼稚園の5歳児から高3までの希望者のチケット代を肩代わりすることにしており、私立も含めて約90万人の子供たちが観戦する予定となっていた。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです