特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・旅する・みつける

東京・台東 蔵前 変化続く、ものづくりの町 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 江戸幕府の浅草米蔵があったことに由来する蔵前(東京都台東区)は、革製品や文具をはじめとしたものづくりの町だ。歌川広重の浮世絵に登場する「首尾の松」や、落語「元犬」の舞台となった蔵前神社もある。近年は新しい作り手の店が増え「東京のブルックリン」とも呼ばれているらしい。そんな“変化を楽しむ下町”を歩いた。【馬渕晶子】

 まず訪れたカフェ「シエロ イ リオ」は楽器倉庫を改装したビル「MIRROR」にある。隅田川にスカイツリーという蔵前ならではの風景を眺められるお店だ。ピンクのファサードをくぐると一見落ち着いた雰囲気だが、3階へ上がると印象が一変。白が基調の店内に自然光が注ぐ。日替わりランチはボリューム満点で近所の会社員でもにぎわう。ゆでて、だしで風味づけした千切りキャベツなど野菜たっぷりなのもうれしい。

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1813文字)

あわせて読みたい

注目の特集