メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだフォーカス

ボーノポーク復活を 瑞浪に加工・販売施設完成 6月27日オープン 消費回復目指す /岐阜

 瑞浪市特産のブランド豚肉「瑞浪ボーノポーク」の農畜産物加工施設「ボーノポークハム工房“瑞浪”」が同市土岐町の農畜産物直売所「きなぁた瑞浪」の敷地内に完成した。昨年、養豚場での豚熱(CSF、旧呼称・豚コレラ)感染による全頭殺処分で供給が途絶える痛手を負った瑞浪ボーノポークの完全復活を目指す拠点の役割を担う。【立松勝】

 26日、水野光二市長や指定管理者の鷲尾賢一郎・みずなみアグリ株式会社社長ら関係者約20人が出席して完成式があった。6月27日にオープンし、加工品の販売を開始する。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです