連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

新型コロナ 感染経路不明、深刻 追跡も限界

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京都や大阪府の感染者のうち感染経路を追えないケースが急増し、警戒感が強まっている。経路が特定できないと、感染拡大防止のカギとなる「クラスター(感染者集団)潰し」に至らず、さらに大規模なメガクラスターの発生につながりかねない。厚生労働省や都道府県は、患者の行動履歴の追跡に躍起になっている。

 「深刻なのは、感染経路を追えない患者が10人を超えたことにある」。東京都内で1日の感染確認数が41人に達し、小池百合子知事が緊急記者会見で危機感を示した25日夜、都の担当幹部は、患者数の多さ以上に、「感染経路不明」がこのうち13人だったことに大きな衝撃を受けていた。

この記事は有料記事です。

残り1995文字(全文2291文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集