メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀に帰っても「不要不急の外出避けて」 新型コロナ拡大防止で知事がメッセージ

佐賀県庁=佐賀市城内1で2019年2月26日、池田美欧撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、佐賀県は県外からの帰省者らに不要不急の外出の自粛を求める山口祥義知事からのメッセージを記載したチラシを作った。29日まで佐賀空港(佐賀市)で配布し、県のホームページにも掲載している。

 県は27日、県内で感染が初めて確認された20代の男子大学生の接触者23人のうち、医療関係者以外の行動自粛を求めていた16人について、14日間の健康観察期間を経ても発症しなかったと発表した。チラシは転勤や進学などで往来が増えることが見込まれるため、新たな感染拡大を防ぐため作成した。

 28日には佐賀空港に到着したマスク姿の帰省者らが県職員からチラシを受け取っていた。チラシには「首都圏での感染拡大の状況を踏まえ、佐賀で生活する場合には、不要不急の外出を可能な限り避けていただきたい」と書かれ、発熱などが4日以上続く場合は帰国者・接触者相談センター(県内の保健福祉事務所)に連絡するよう求めている。【池田美欧】

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです