メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅氏異例の沖縄入り 那覇空港第2滑走路供用開始 「反転攻勢に」もコロナで国際線ゼロ

那覇市内のホテルで、沖縄県の観光業界関係者との意見交換会であいさつする菅義偉官房長官(中央)=2020年3月29日、秋山信一撮影

 菅義偉官房長官は29日、沖縄県の那覇空港(那覇市)で開かれた第2滑走路の供用開始式典に出席し、「残念なことに新型コロナウイルスで大きな影響を受けているが、観光を中心とする沖縄の産業基盤が失われないように金融面などで支援したい」と述べた。那覇空港は新型コロナウイルスの影響で週約200便の国際線が3月24日以降はゼロになっており、26日供用開始の第2滑走路も苦境での「離陸」となった。

 菅氏は第2滑走路の供用開始に関し、「経済がV字回復できる状況になれば、一番先に発展するのが沖縄だ。その際、第2滑走路は極めて大きな役割を果たしてくれる」と期待感を示した。式典の前後には沖縄の企業・経済団体関係者と相次いで面会し「今の厳しい状況をしのぐことが、将来の反転攻勢につながる。現場の生の声を受け止め、経済対策の中に反映させていきたい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです