メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

新型コロナウイルスについて語るトランプ米大統領=ワシントンで2020年3月27日、AP

 トランプ米大統領は28日、新型コロナウイルスの感染事例が突出して多い東部ニューヨーク州と周辺の州について「隔離を検討している」と表明した。合法性や実効性に疑問の声が噴出するなか、約8時間後の同日夜に方針を撤回。新型ウイルスへの政権対応がまた迷走した。感染による米国内の死者は同日、2000人を突破した。

 トランプ氏は同日昼、ホワイトハウスで記者団に「ニューヨークやニュージャージー、コネティカットの一部で2週間程度の隔離措置を検討している。移動を制限する」と述べた。

 連邦政府は既にニューヨークを離れた人を対象に14日間の自主隔離を要請しており、トランプ氏の発言は最大都市ニューヨークを含むこの地域を対象に「強制力を伴う隔離措置」を示唆したものと受け止められた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです