メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖北省からの車遮断で地元警察同士が衝突 背景に感染拡大の懸念

[PR]

 新型コロナウイルスへの感染が深刻な中国湖北省の東部に位置する黄梅県と江西省九江市との境を流れる長江の橋付近で27日、県と市の警察が衝突した。米政府系放送「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)などによると、湖北省からの車の通行を九江市の警察が遮るなどしたことに黄梅県の警察が反発。九江市側の対応に不満を持つ湖北省側の地元住民数百人も加わり、パトカーを横倒しにするなどの騒動になったという。

 湖北省では武漢市を除く一部の地域で移動制限が徐々に解除されているが、近隣の省が感染拡大を懸念していることが背景にあるとみられる。

 中国メディアによると、黄梅県には鉄道の大きな駅がなく、中国各地に出かけようとする住民の多くは、橋を渡って九江駅を利用しているという。【上海・工藤哲】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです