メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

徒歩で農村に戻ろうとする労働者家族=ニューデリーで2020年3月27日、松井聡撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための全土封鎖が続くインドで、仕事を失い生活に困窮した労働者やその家族が、都市部から故郷の農村まで歩いて帰ろうとするケースが相次いでいる。また、首都ニューデリーのバスターミナルには、自治体が手配した臨時バスに乗ろうと労働者が殺到。専門家などからは「ウイルスが各地に広がりかねない」と懸念する声が出ている。

 「村には兄弟がいて食べ物には困らない。このままでは近いうちに餓死する」。ニューデリーから北部ウッタルプラデシュ州の農村まで4日間歩くつもりのクリシュナさん(32)が言った。建設労働者として日給400ルピー(約580円)を得ていたが、封鎖の影響で仕事を失ったという。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです