メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀のアイドル・フルーレット 4月以降も日替わり動画配信 新型コロナで解散延期

解散ライブが延期になり、レッスンスタジオからの動画配信を前に立ち位置や振り付けを確認するフルーレットのメンバーら=滋賀県草津市で2020年3月27日、成松秋穂撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、28日に予定していた解散ライブを延期した滋賀のご当地アイドル「フルーレット」が、時期未定の解散日に向けてレッスンを続けている。ライブハウスなど屋内の密集空間で感染者のクラスター(集団)が形成される可能性が指摘されており、ファンが自宅で楽しめるように4月以降も、レッスンスタジオなどからの動画配信を連日続ける方針。先行きが不透明で世間が暗くなりがちな中、笑顔と元気を届ける。【成松秋穂】

 27日夜、草津市にあるフルーレットの専用レッスンスタジオ。本来ならば解散前の最後のレッスン日だったこの日、メンバーは、振り付けとダンス指導を務める振付師のAYANAさんに花束や色紙を渡してこれまでの感謝を伝えた。定期的に換気を図るなど気を使いつつ、入念なストレッチや、持ち歌1曲分の時間走り続けるシャトルランを行った後、スタジオからのライブ動画配信に向けて、振り付けや立ち位置を確認していた。

 「ご当地アイドルとしての活動をやり尽くした」として3月28日にメンバー全員が卒業し、解散すると2019年12月に発表。しかし、新型コロナウイルスの感染が広まり、高校生や大学生のメンバーもいる中、県内で臨時休校などの措置が取られた状況も踏まえ、運営会社「フレンド滋賀」は3月3日、ライブ開催の延期を発表。公式サイトで「4月以降、安心して開催できる環境になれば開催する」と説明した。

 解散ライブは、ライブを定期的に開いていた大阪市北区の「MBSちゃやまちプラザ」(定員約300人)で開催予定。フレンド滋賀は27日、公式ツイッターで6月6、7、21日、7月11日の4日間に会場を仮押さえしていることを明かした。

 3月28日には、4月以降もメンバーが日替わりで、ライブ動画配信サービス「SHOWROOM」と「LINELIVE」を使って動画を毎日配信することや、毎週金曜午後7時半からはメンバー全員でスタジオから「SHOWROOM」で配信することを発表した。

 フルーレットのファンは、著名な芳香・洗浄剤のCMをもじって「フルーレット推すだけ」と公言する。その1人である「なりまっちょ」こと成松秋穂記者を通じて、フルーレットのメンバー7人が、ファンや新聞読者…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 若者や子育ての支援少なく、進む少子化 「結婚、出産避ける状況続く」 出生率4連連続低下

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです