アカカンガルー「リュウ」初当選 1歳でやんちゃ盛り 長野・須坂市動物園選挙

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
10代目代表に選ばれたアカカンガルーの「リュウ」=長野県須坂市動物園提供
10代目代表に選ばれたアカカンガルーの「リュウ」=長野県須坂市動物園提供

 長野県須坂市動物園(同市臥竜2)の「代表動物選挙」が開票され、10代目代表としてアカカンガルーの「リュウ」が初当選した。リュウは雄の1歳でやんちゃ盛り。気合十分な掛け声を示す「えいやぁ党」として300票を獲得、得票率は14・34%だった。アカカンガルーの当選は「イッチ」に続き2年連続。24日には当選証書やメダルが授与された。

 今年の選挙は11の動物が立候補。2位がフンボルトペンギンの「チーズ」、3位がロバの「アイボン」だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で遠方からの来場者が減るのを見越し、一部期間にネット投票もできるようにしたところ、13日からの投票数は2092票で例年とほぼ変わらなかったという。

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文416文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集