同一労働同一賃金 年功賃金から「成果主義」「職務給」へ切り替えの動き

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
同一労働同一賃金の徹底による格差是正を訴える全国生協労働組合連合会の関係者=東京都内で2020年3月25日午後2時2分、梅田啓祐撮影
同一労働同一賃金の徹底による格差是正を訴える全国生協労働組合連合会の関係者=東京都内で2020年3月25日午後2時2分、梅田啓祐撮影

 「給与、賞与は年齢や在籍年数にかかわらず、職責や業績を適切に反映する体系にする」――。毎日新聞が主要企業126社に対して実施したアンケートの回答で、ある証券大手はこう断言した。年功賃金を「既に見直した」「今後見直す予定」と答えた企業は5割。正社員と非正規社員との間の格差是正を目指す同一労働同一賃金の来月からのスタートで、賃金を仕事の成果で決める「成果主義」や仕事の内容で決める「職務給」に切り替えようとする動きが目立つ。

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2255文字)

あわせて読みたい

注目の特集