メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

南イタリアの高速道路出口でチェックする地元警察=25日、ロイター

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、都市封鎖を意味する「ロックダウン」に東京都の小池百合子知事が度々言及している。強い言葉で感染への警戒を呼び掛けたとみられるが、現実味はあるのか。政府の緊急事態宣言が発令されるなど事態が悪化した場合や海外の事例も含めて探った。

 「パリやニューヨークでは人っ子一人いない状況。(こうならないよう)皆様の協力をお願いしたい」。小池知事は25日の記者会見で、厳しい外出制限などが課される欧米の大都市の現状に触れた。

 ベルギー政府は18日、通勤や生活必需品の買い物を除いて外出を原則禁止とし、食料品店などを除く店舗は閉鎖された。イタリアも10日から全土で移動制限を実施。外出は理由を記した申告書を携帯する必要があり、違反者には禁錮刑を含む罰則もある。米国では、ニューヨーク州が13日から劇場や美術館を閉鎖、22日夜からは企業に全従業員を在宅勤務とするよう命じた。

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです