メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西田幾多郎、幻の講義ノート修復 一部レプリカ展示 石川で

西田幾多郎(石川県西田幾多郎記念哲学館提供)

 「善の研究」などを著した哲学者・西田幾多郎(1870~1945年)が京都帝国大(現・京都大)で使った直筆の講義用ノートなどの未発表資料が5年がかりの修復作業の末、その一部がレプリカとして再現された。郷里の石川県かほく市にある石川県西田幾多郎記念哲学館で始まった企画展で公開されている。

 資料は西田の孫が2015年秋に東京都内の自宅倉庫で発見したもの。同館に寄託されたが、長年、雨にさらされ損傷が激しかった。同館は奈良文化財研究所などの協力を得て、真空凍結乾燥という手法で湿気を取り除き、固着したページを開くことに成功。さらにもろい洋紙にイ…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです