メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

東京台東区の老舗中華料理店「一寸亭」。昭和の親父心をときめかせるメニュー多数!

情報提供:まとメシ

昭和の頃は、水餃子といえばスープにとぷんと餃子が浮いていた。同店の水餃子はまさに懐かしいそのスタイル。

一寸亭/ちょっとてい(最寄駅:千駄木駅)

あっさりしたスープ入り水餃子は隠れた人気者

野菜たっぷりのスープに、大ぶりの餃子がドカンと入る。これがしっかりした味付けのチャーハンと鉄板の相性なのだ。
まずは、刻んだチャーシューがいいアクセントを放つチャーハンをひと口、そして水餃子のスープを飲み、餃子を齧ってまたチャーハンへ。この無限ループが止まらなくなる。

地元で愛される『一寸亭』は創業45年。厨房には初代と2代目が揃って立ち、黙々と鍋を振っている。たいてい満席で、一杯飲む常連客から親子で夕食を食べるほほえましい姿もある。看板メニューはモヤシソバだが、焼き餃子を筆頭に隠れた人気メニューも数多い。「お客さんが喜んでくれるから」とオムライスまであり、そんな多彩なメニュー構成が昭和の親父心をまたときめかせる。

水餃子、チャーハン

750円、730円 9aaca75d7ef0a0426b07b5ae02619c31 水餃子は食べ応えのあるボリュームで、にんにくがきいている。ニンジンやモヤシなどシャキシャキの野菜もポイント。しっとり火を入れたチャーハンはラードの香ばしさもあり、まさに街中華の王道。盛り付けも完璧だ

中華風冷奴(中)

500円 0f9fe2eb1efec6157a8d91db99713c23 こちらはおつまみで人気のメニュー。山盛りの白髪ねぎの下にザーサイとピータンが隠れている。チャーシューを煮たコクのある醤油ダレが豆腐にじんわり染みている

お店からの一言

e6416449dc5862d1f379dd193e9e2a44 2代目 大塚真也さん 「下町の気取らない店なので、気軽に食べに来てください」

一寸亭の店舗情報

52dc6c96cbd16ea0703fdce341a815fa [住所]東京都台東区谷中3-11-7 [TEL]03-3823-7990 [営業時間]11時半~21時半 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全21席/分煙/予約可/カード不可/サ、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩4分

電話番号 03-3823-7990
撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン 2018年10月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】徳記|八角が香るタレに麺をつけるとこれまたハマる味(中華料理/横浜)

龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!

珉珉(カレー/青山)|このとろみ、やさしいスパイシーさが堪りません!

北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見る

川香苑 2号店(中華/新宿歌舞伎町)-本場四川の回鍋肉は必食の旨さ


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです