メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/72 水戸市・満蒙開拓青少年義勇軍訓練所跡/下 描き続けた2万4000の無念

内原訓練所跡近くに残る「渡満道路」=水戸市で、栗原俊雄撮影

 「満蒙開拓青少年義勇軍」の内原訓練所跡(水戸市内原町)近くには「渡満道路」という桜並木がある。訓練所を巣立つ若者たちが植民地・旧満州(現中国東北部)に渡るべく、最寄りの内原駅に向かうため歩いた道だ。陽光の下、記者がここをたどりながら思い出したのは、画家・宮崎静夫さん(1927~2015年)のことだった。

 熊本県小国町の農家に生まれた。下城国民学校高等科では級長を務めた。そのころ国策として旧満州への移民が進められていた。

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです