メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

趣味からローチョコレート商品化 柳沢寛子さん(36)=東御市 /長野

柳沢寛子さん

 糖質制限中の人や、アレルギーがある人でも安心して食べられるおいしい「ローチョコレート」を東御市の工房で作っている。口コミで評判となり、大手百貨店のイベントに呼ばれるほどの人気ぶりだ。「チョコレートを食べて、少しでも元気にハッピーになってもらえたら、うれしい」

 ローチョコレートとは、栄養価が高いカカオを45~48度以上に加熱しないで調理するのが特徴。栄養素や酵素を最大限に体に取り入れることができるとして、古代マヤ文明では「薬代わり」としてカカオが食べられていたという説もあるほどだ。

 まだまだ日本では知名度が低いローチョコレートに出合ったのは、偶然だった。会社勤めだった2009年にドイツを旅行中、ふらりと入ったカフェに置いていたローチョコレートを初めて食べて、あまりのおいしさに大きな衝撃を受けた。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです