バリアフリーな観光地図 彦根総合高校3年・石田さんが考案 彦根 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した「ひこねのユニバーサルツーリズム」を手にする石田春香さん=彦根市大東町で、西村浩一撮影
完成した「ひこねのユニバーサルツーリズム」を手にする石田春香さん=彦根市大東町で、西村浩一撮影

 国宝・彦根城といった彦根市内の観光地などを、障害のある人にも分かりやすく知ってもらう地図「彦根のユニバーサルツーリズム(思いやりマップ)」が完成した。考案したのは彦根総合高校3年、石田春香さん(18)=同市。彦根ゆかりの企業3社による高校生のまちおこしプロジェクトが応援した。完成品を手にした石田さんは「本当にできるのか不安だったが、上出来です」と完成を喜んだ。【西村浩一】

 彦根市や隣接する多賀町に拠点がある平和堂、ブリヂストン滋賀工場、キリンビール滋賀工場の3社が協力し、市内の高校生から地域活性化案を募集するプロジェクト「彦根の熱き高校生の街おこしの夢を応援!」の第4弾。2019年度は66件の応募があり、石田さんの企画が優秀賞に選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文836文字)

あわせて読みたい

注目の特集