メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キハ101、ラストラン SL広場、ファンら閉園惜しむ 与謝野 /京都

閉園イベントで走行する気動車「キハ101」にカメラを向ける鉄道ファンら=与謝野町の加悦SL広場で、松野和生撮影

 3月末で閉園する与謝野町の「加悦SL広場」で、最後の週末となった28、29の両日、展示車両の一部を走らせるイベント「さようなら運転会」があった。1936(昭和11)年に製造された旧加悦鉄道の気動車「キハ101」などのラストランを目当てに訪れた大勢の鉄道ファンや親子連れらでにぎわった。

 ラストランで、キハ101は約100メートルの区間を15分間隔で往復。各回に来場者約20人が乗り込み、約5分間の走行を楽しんだ。新型コロナウイルスの…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです