メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

東京オリンピック・パラリンピック延期 メダル刻印「2020」どうなる /大阪

東京パラリンピックのメダルの3Dデータ=大阪市北区で、猪飼健史撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で来年への延期が決まった東京オリンピック・パラリンピック。選手の表彰に用いる金、銀、銅のメダルの製造が独立行政法人造幣局(大阪市北区)で大詰めを迎えている。大会組織委員会は大会の名称を変更しない方針を示しているが、「TOKYO 2020」と刻印されたこれらのメダルがそのまま使用されるかどうかは、今後話し合われるという。【荻野公一】

 昨年1月に始まった作業も、3月中旬にはパラリンピックのメダルの製造に移っていた。「オリパラ」合わせて5000個のメダルを作る予定で、作業は5月まで続く。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

  3. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  4. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  5. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです