メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ収束を祈願 宗教の枠超えて 鹿島・祐徳稲荷 /佐賀

新型コロナウイルス感染拡大の収束を祈願したみこの舞

 日本三大稲荷の一つとされる佐賀県鹿島市の祐徳(ゆうとく)稲荷(いなり)神社本殿で29日、新型コロナウイルス感染拡大の一日も早い収束を願う鎮静祈願祭があった。県内外から寺の住職やキリスト教の神父らも駆け付け、約20人が祈りをささげた。

 同神社には中国やタイなどから多くの参拝客が訪れるが、感染拡大の影響で3月の外国人観光客はほぼゼロとなり、参拝者全体の約3割減ったという。

 祈願祭は異宗教で団結し、苦難を乗り越えようと同神社が企画。キリスト教関係者を含む合同祈願祭は初めてで、みこが神楽を奉納した他、神に見立てた鷹(たか)を飛ばして上空から厄を払い、疫病を天に持って行く「鷹翔(ようしょう)神事」もあった。背にお札を付けた鷹が本殿から飛び立つと参拝客から歓声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです