メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥前評論

これも一局 /佐賀

 先日、将棋の王将戦第6局が上峰町であった。新型コロナウイルスの影響で、恒例の前夜祭や大盤解説が中止となり寂しかったが、対局は終始激しい戦いで、さすがにいま最も勢いのある渡辺明王将と挑戦者の広瀬章人八段だと思わせた。

 前夜祭に代わり催された関係者食事会で、私の斜め向かいに座った広瀬八段に、将棋界を席巻するAI(人工知能)について問うてみた。彼はデータ整理などに利用しているが、全幅の信頼を寄せているわけではないとのことだった。「形勢が悪いとじり貧の手を選んじゃうんです」と言う。

 AIと人間の一番の違いはイチかバチかをできるかどうかだ。劣勢の時、人間は善悪不明の一手を放ち泥沼の戦いに相手を引きずり込む。が、AIにはそんな妖しい手は指せない。あくまで正統の、理にかなった手を選び「じり貧」の負けに甘んじてしまう。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです