メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

イタリア北部の古都ベローナに…

[PR]

 イタリア北部の古都ベローナに「ロミオとジュリエット」の舞台となったバルコニーがある。「おおロミオ、ロミオ、なぜあなたはロミオなの」とジュリエットが恋慕の胸中を吐露する場面だ▲もっともシェークスピアの原作は「窓」で、バルコニーは後世の劇作家の演出とされる。とはいえ、「ジュリエットのバルコニー」は各国のカップルらを引き寄せ、ベローナは「愛の都」と呼ばれるようになった▲だが、新型コロナウイルスの感染拡大でイタリアは世界最多の死者数を記録。全土封鎖で劇場も閉じられ、人影は消えた。市民が自宅待機を強いられる中、社会との「窓」になっているのがバルコニーである▲アマチュア音楽愛好家がタンバリンやギターを手にバルコニーで奏で合う。なべをたたいて飛び入り参加する人も。スペインでも男性がバルコニーに電子ピアノを持ち出して隣家の住民と二重奏を披露した▲一方、自宅に閉じこめられた人々に音楽を届けようと、イタリア人コントラバス奏者のジュゼッペ・バッシ氏(48)は連日、動画をネット配信する。兄のジャーナリスト、アントニオ・モスカテッロ氏(50)は「ウイルスに音楽は殺せない」と語る▲「最大の危険は社会生活と人間関係が損なわれること」。ミラノ・ボルタ高校のドメニコ・スクイラーチェ校長は生徒あての手紙で、中世のペストまん延を引いて訴えた。つながりが断たれないようにとの願いを込めて。バルコニーやネット上の音楽はその一助になるに違いない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです