メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

新しい現実を受け入れる=山田孝男

 ウイルスとの戦いは「長期戦を覚悟していただく必要がある」――。

 28日の記者会見で安倍晋三首相はそう訴えたが、目安はいつまでか、具体的な説明はなかった。

 見当はつく。有識者、専門家の話を聞く限り、最低でも1年かかる。

 ただし、日本だけ抑えても終わらない。まもなく途上国で感染爆発の連鎖が始まる。今や途上国と先進国は密接に結ばれており、地球を守るため、その後も戦い続けねばならない――ということらしい。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです