メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「集団免疫」?専門家が批判 スウェーデン規制緩く、政府は否定

いつも通り商店街を歩く人々=ストックホルムで25日、AP

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、欧州各国が外出禁止など厳しい制限措置をとる中で、スウェーデンは比較的緩い対応にとどまっている。背景には、人口の一定割合がウイルスへの免疫を獲得することでリスクを減らす「集団免疫」の考え方があると指摘されているが、状況を危険視する専門家からは批判の声が上がっている。

 スウェーデンの人口は約1000万人。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計で感染者数は29日午前現在3447人、死者数は105人。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです