メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 出稼ぎ帰郷、感染拡大懸念 タイの外国人労働者、国境殺到

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、タイから帰国しようと国境沿いに集まるミャンマーからの出稼ぎ労働者ら=タイ北西部メソトで25日、ロイター

 新型コロナウイルスの感染者急増で26日から全土に非常事態宣言が発動されたタイで、近隣国からの出稼ぎ労働者が帰国のため国境付近に殺到した。勤務先が休業し職を失うなどしたためだが、大勢の人が一気に戻ることで、国をまたいだ感染拡大も懸念されている。

 タイ労働省によると、タイではミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム出身の300万人以上が、建設現場や飲食店などで合法的に働く。また、不法労働者も多数いる。

 タイでは3月中旬から感染者が急増。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、29日午後現在で東南アジアで2番目に多い1388人にのぼる。

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです