メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

西村書店/中 生き残り懸け総合出版へ

西村書店社長の西村正徳さん=東京都千代田区で

 <since 1916>

 西村書店社長、西村正徳さん(74)の父誠吾さんは、先代の亥三郎さんが新潟市の繁華街で開いた古書店を昭和10年代に受け継ぐ。間もなく手を付けたのが、店舗の移転だった。

 古書を扱っていた小さな店が、100年後の今につながる医学書中心の書店へと衣替えしたのは、店を構えた場所が、旧制新潟医科大学(現新潟大学医学部)の教員、学生の通学路だったからだ。

 西村さんは幼いころから家業を手伝い、1968年に早稲田大学を卒業すると、誠吾さんの仕事を支えた。6年後、株式会社化し、3代目の社長に就任した西村さんが手がけたのが、海外の医学書の輸入事業だった。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです