メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の森

2020プログラミング元年 小学校で必修化、課題は NPO法人「みんなのコード」代表理事・利根川裕太氏に聞く

 <kyoiku no mori>

 小学校で4月から「プログラミング教育」が必修になる。なぜ学ぶ必要があるのか。学校現場では何が課題なのか。全国でプログラミングの教員研修などを手がけてきたNPO法人「みんなのコード」の利根川裕太代表理事(35)に聞いた。【聞き手・千脇康平、写真・長谷川直亮】

 ●全員が学べる場必要

この記事は有料記事です。

残り1911文字(全文2068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 失業手当支給、60日延長へ 厚労省が新型コロナ対策で特例措置

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです