メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の森

2020プログラミング元年 小学校で必修化、課題は NPO法人「みんなのコード」代表理事・利根川裕太氏に聞く

 <kyoiku no mori>

 小学校で4月から「プログラミング教育」が必修になる。なぜ学ぶ必要があるのか。学校現場では何が課題なのか。全国でプログラミングの教員研修などを手がけてきたNPO法人「みんなのコード」の利根川裕太代表理事(35)に聞いた。【聞き手・千脇康平、写真・長谷川直亮】

 ●全員が学べる場必要

この記事は有料記事です。

残り1911文字(全文2068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです