メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪 2021へ、ベテランの決意

2019年9月、ドーハで行われた世界選手権で、笑顔を見せる米国のガトリン=共同

 東京オリンピックが延期となったことで、大きな影響を受けそうな各国のベテラン選手たちが気持ちを切り替え、2021年の大会を迎える決意を語っている。

 04年アテネ五輪の陸上男子100メートル覇者、ジャスティン・ガトリン(米国)は来年2月に39歳となる。年齢との闘いも厳しいものになるとみられるが、AP通信に「1年で何かが変わるとは思わない」と語り、再び大舞台を狙う。ライバルで今年11月に38歳となる元世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)も「来年に向けて準備しないと」と宣言した。

 五輪通算9個のメダルを誇る陸上女子の34歳、アリソン・フェリックス(米国)は米タイム誌に「失ったものを考えないようにするのは難しい」と戸惑いを認めながらも「目標は変わらない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです