メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

何があろうと金に進む パラ競泳・木村、コロナ拡大で帰国

東京パラリンピック競泳男子(視覚障害)で有力な金メダル候補の木村=宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、開催が1年程度延期になった東京オリンピック・パラリンピック。海外を練習拠点とするトップ選手は強化計画の見直しを余儀なくされている。パラリンピック競泳男子(視覚障害S11)代表に内定した金メダル候補の木村敬一(29)=東京ガス=もその一人で、20日に練習拠点の米国から帰国した。予期せぬ事態に戸惑う一方で、「何があろうと金メダルを狙う」と語るエースの強靱(きょうじん)な心にブレはない。【岩壁峻】

 木村は2018年4月から、米東部メリーランド州ボルティモアにあるメリーランド・ロヨラ大で練習してきた。同じ視覚障害のクラスで16年リオデジャネイロ・パラリンピックで3冠を手にしたブラッドリー・スナイダー(36)を指導するブライアン・レフラー・コーチに師事する。

 帰国直前まで大学の施設で泳いでいたが、ウイルスの感染拡大で周囲の様子は一変した。「買い物に行こうにも店が開いていなくて。街が閉鎖されつつあった」。行動がさらに制限されるのも「もう時間の問題だな」と悟り、日本に戻ることを決めたという。現在は毎日メールでレフラー氏と練習メニューについて調整し、主に国立スポーツ科学センター(JISS)で、トレーニングに励んでいる。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです