メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「封鎖」言及、揺れる首都 強制力は限定的

従業員の在宅勤務を義務づけ、不要不急の外出を控えるよう求める「外出禁止令」が始まり、閑散としたタイムズスクエア=米ニューヨークで22日午後8時53分、隅俊之撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、都市封鎖を意味する「ロックダウン」に東京都の小池百合子知事が度々言及している。強い言葉で感染への警戒を呼び掛けたとみられるが、現実味はあるのか。政府の緊急事態宣言が発令されるなど事態が悪化した場合や海外の事例も含めて探った。

 「パリやニューヨークでは人っ子一人いない状況。(こうならないよう)皆様の協力をお願いしたい」。小池知事は25日の記者会見で、厳しい外出制限などが課される欧米の大都市の現状に触れた。

 ベルギー政府は18日、通勤や生活必需品の買い物を除き外出を原則禁止とし、食料品店などを除く店舗は閉鎖された。イタリアも10日から全土で移動制限を実施。外出は理由を記した申告書を携帯する必要があり、違反者には禁錮刑を含む罰則もある。米国では、ニューヨーク州が13日から劇場や美術館を閉鎖、22日夜からは企業に全従業員を在宅勤務とするよう命じた。

この記事は有料記事です。

残り2042文字(全文2436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです