新型コロナ 大阪・ミナミ、神戸・有馬、悲鳴 黒門市場、客足9割減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
桜が見ごろを迎えている京都・円山公園。しだれ桜の夜間ライトアップが一度は始まったが、その後の新型コロナウイルス感染拡大を受けて2020年3月27日から急きょ中止となった=京都市東山区で2020年3月29日午後1時24分、川平愛撮影
桜が見ごろを迎えている京都・円山公園。しだれ桜の夜間ライトアップが一度は始まったが、その後の新型コロナウイルス感染拡大を受けて2020年3月27日から急きょ中止となった=京都市東山区で2020年3月29日午後1時24分、川平愛撮影

 新型コロナウイルスの終息が見通せない中、不要不急の外出自粛要請が出された週末。感染を恐れる人たちで各地の人出は大きく減り、28日から29日にかけ、商店街や観光地にとっては大きな打撃となった。

 大阪・ミナミで訪日外国人急増の象徴にもなっていた「黒門市場」。29日、200店近い店が軒を連ねる580メートルの商店街の人通りは、まばらだった。シャッターを閉めている店舗も多く、「このままでは夏を越えられるか分からない」との悲鳴も上がる。

 「売り上げは9割以上減った」と語るのは鮮魚店の女性従業員(45)。店先に並べた食べ歩き用のエビやホタテの串焼きは値下げしても「10本も売れない」と嘆く。「地元の人もいる。笑顔を絶やさず接客していれば、いずれにぎわいは戻る」(精肉店主)と受け止める声もあるが、漬物店の60代男性は「3月に入って外国人客はほぼゼロ。日本人客も減り、日に日に休業が増えている。うちもどうしようか毎日考えている」と暗い表情…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集